フォトフレームとは・・。

サイトマップ
結婚式のウェルカムボードからガラス製名入れ記念品

プレゼントに良く使われるフォトフレームにはやっぱり理由があります

手作りでフォトフレームを作るサイトもたくさんあります。

やはり思い出を残しておきたい、自分らしく写真で表現できることが出来るからではないでしょうか。

造花、タイル、色紙等でデコレーションされ、オリジナル溢れる出来上がりになってます。立派な作品として飾ることが出来るものですね。

写真から想い出が蘇えることは沢山あります。
だからこそフォトフレームが贈り物としても人気を博しているのだと思います。

 

種類も豊富で悩んでしまうかも

最近の流行りはデジタルフォトフレームではないでしょうか。

10年前には考えられなかったものです。21世紀の新型フォトフレームと言っても過言ではないでしょう。売れる理由が分かります。

紙製で作ったのが始まりだと思いますが、木製になり、プラスチック製、金属製品になっていったと思われます。

本当に多種多様に写真を採り込まれたものがあります。どのようなものがあるか見ていたら楽しいものです。

100円均一ショップにもたくさん売られていますから、お店に立ち寄った際はついつい覗き込んでしまいます。安くて良いものが沢山出ています。

 

当店が提供できるのはガラス製

特別なプレゼントにする為に名入れをするのが当店のサービスです。

透明感のあるガラスには、綺麗な文字入れ加工が映えます。

様々なフォトフレームがありますが、現在のところガラス製品に絞り込んでいます。

出来栄えの方は、高級感を付加価値として付けることが出来ています。
お客様から満足して頂いているようで作り甲斐もあります。

特別なプレゼントとしてご予算が合うようでしたら一度ご利用になって下さい。

時計付のフォトフレーム
出産祝い用に名入れしたものです。

 

名入れ方法にも色々あります

書き込む、印刷する方法、刻む方法があります。
それぞれに特徴があります。

書込むことは、一品ものになりとてもオリジナルを感じます。
紙や木材に筆書きしたり、絵の具で名入れしたものが暖かくて良いですね。手作り感を出したい場合はこれに限ります。

印刷する方法は、大量に作る時にコストがかかりません。ただ、ノベルティ感覚になってしまい、ギフトには不向きではないでしょうか。

刻む方法にもいろいろな手法があります。
サンドブラスト加工でガラスを削ることが当店の手法です。
凹凸感を出すことが出来、綺麗な名入れで仕上げることが出来ます。
一度当店の加工技術も見て欲しいところです。 こちらです

レーザー彫刻で刻む方法もございます。
木材にはとても適しています。ただ、ガラスには彫り込むことが出来ません。印刷に近い仕上がり感になってしまいます。素材によって適しているもの、適していないものがあります。
当店もレーザー彫刻機を設備に入れたのですが、現在は眠った状態です・・。

彫金加工もあります。金属に名入れする方法に適しています。

その他にも方法があることだと思います。

 

 

名入れ加工の技術ページへ

注文方法のご案内

 

注文の流れ
ウェルカムボード、ガラスへの名入れのことなら当店へ

私達におまかせ下さい

Copyright © 2013 名入れ記念品の有限会社ヘップバーン  All Rights Reserved.